1. "

    洋画の吹き替えやアニメやゲームのアフレコ、ラジオ番組のパーソナリティと垣根を設けず、声を使った仕事には幅広く挑戦してきましたが、声をかけていただいてもお断りしてきたことがひとつだけあります。それは歌を歌うこと。僕は歌が下手で、ファンの方たちがネタにしていたほど。自分が大勢の前で歌うなんて想像できないし、聞くに値しないものを市場に出すのはあり得ないと思っていました。

    その僕が数年前から歌うようになったのは、若い人たちにメッセージを伝えたいという思いが大きくなってきたから。声優として専門学校の講演に呼んでいただいたり、イベントで声優志望の10代や20代の皆さんと会うと、エネルギーにあふれてキラキラしている人たちがいっぱいいるんです。一方で、実際に行動を起こす前から先のことを考え過ぎて動けない人たちもいっぱいいる。そういう人たちに「挑戦することが大事」なんて言っておきながら、上手になる努力もしないで「歌は無理」とせっかくのお話をお断りしている自分に矛盾を感じて。言葉だけでなく、僕自身が挑戦する姿を見せなければと歌うことを決めたんです。

    "
     

  2. "数分の作業で「こんなんで金取る気!?」って言われた事は私にもあるけど「元に戻してあげましょうか」って言うと大体黙る"
     
  3.  
  4.  

  5. "1980年代初頭、 スタンフォード大学の心理学実験室である極秘実験が行われた。

    被験者はスタンフォードに通う12人の20代の大学生、大学院生を対象にし、
    実験にあたり、被験者の人種、性別、性格、信仰宗教などを調べ、彼らをランダムに
    グループ分けをした。

    そして実験の前にAグループには数十年前に殺人事件があったという説明をして
    その曰くつきのアパートに一週間住ませた
    もう一つのBグループは新築のアパートの評価の審査員だと説明し同じく一週間住ませた。

    一週間後、Aグループは実験当日から体の不調を訴え、脱落者が続出、いわゆる霊体験というものを
    体験した被験者もいた。
    もう一方のBグループの被験者には問題もなく、快適に過ごせたという報告が上がってきた。中にはその後も
    そのアパートで住むことを決めた者もいた。

    そしてこの研究実験の指揮を執った心理学の教授は論文に「心霊現象=プラセボ現象である」
    と結論付けて実験は終了した。

    なぜならその実験場所としたアパートは実は逆であり、Aグループが住んだアパートが古く見せた新築のアパートで
    Bグループが住んだアパートこそ一家惨殺事件が起きたアパートだったからである。

    折しも、海の向こうアメリカでは「悪魔の住む家」の映画がヒットした年であったのは皮肉でしかないだろう。"
     
  6. (mn2から)

     
  7.  
  8.  
  9. vistale:

    Palm | via

    (mn2から)

     
  10.  
  11.  
  12. pcphrkg:

    待っていたぞこの時を

    (hkdmzから)

     
  13.  
  14.  
  15. ragawa:

    百合ギャルズ。
    名前は未定です。